Loading...
不動産・賃貸オーナーの方へ2018-08-23T09:37:47+00:00

不動産オーナーを支える3つの仕組み

超高齢化社会への突入や自然災害の高まりなど、不動産・賃貸オーナー様におかれましては、悩みのタネが増える一方ではないでしょうか?

安定した収益性の確保

借主が高齢化し、独り暮らしの場合、孤独死などのトラブルが発生する可能性が高まります。
実際、不動産物件オーナー様の中には、既に高齢者様とのトラブルを避けるため、たとえ空室があったとしても、高齢者との契約を敬遠することも少なくはないようです。
安定した収益性を確保するには、実は、高齢者の方との取引をいかに安心して行えるかも重要な取組みになりつつあります。

大切な物件を災害から守る

不動産、賃貸オーナー様におかれましては、大切な所有物件に関して、間違いなく火災保険に加入されていることと思います。しかし、皆さまの物件には、”地震”が起きた時の補償はカバーされているでしょうか?
実は、今、問題になっているのが、不動産物件の火災保険の多くで、「”地震”による災害の補償が付いていない」ことです。皆さまも今すぐに保険証券を確認してみてください。地震大国日本で、この補償がついてないのは、不動産経営を行う上で、相当なリスクとなります。
グリットでは、下記に、不動産・賃貸オーナー様のお悩みを解決するサービスをご提案します。

高齢者様との賃貸契約で、安定した収益性を確保!

賃貸住宅・マンションオーナーを守る
「賃貸住宅管理費用保険」

無縁社会のお守り

引受保険会社:アイアル少額短期保険株式会社
URL:http://www.air-ins.co.jp/

超高齢化社会の今、安定した収益性を確保していくには、高齢者の方と賃貸契約を結ぶことは十分に検討の余地があることと思います。
しかしながら、「もし、大切な物件で孤独死が起きたら…」と、高齢者の方に物件を貸し出すかどうかで、頭をかかえることもあったのではないでしょうか。
実は、孤独死の平均年齢は男性が59.6歳、女性が57.8歳です。そして、年齢別の構成比においても、59歳以下の総数が男性が40.6%、女性が42.7%でになっています。つまり、孤独死のおよそ半数は「高齢者ではない」という事実をご存知でしょうか?
(出展:一般社団法人日本少額短期保険協会 「孤独死現状レポート」より)
そうなんです。孤独死は、決して高齢者だけの問題ではなく、どの年代でも起こり得るものなのです。
実際、あなたが提供している賃貸物件で孤独死が起こった場合にどうなるのか。原状回復にかかった費用の他、事故後の空室や家賃値下げ分の収入減など損害は計り知れません。
つまり、高齢者の方も含めた賃貸契約を行い、安定した収益を確保にするには、しっかりした備えが重要です。
皆さんはご存知でしょうか? 高齢者の方と安心して賃貸契約を締結できる賃貸物件オーナー向けの保険があることを。
詳しくは、特設ページをご確認ください。

このホームページの情報は、当該商品パンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け、当該商品のパンフレットと合わせてご覧ください。
またご契約に際しては、事前に重要事項等説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧下さい。募集文書番号:F111-1807-1

賃貸住宅・マンションオーナーを守る
「賃貸住宅管理費用保険」

“無縁社会のお守り” 詳細

大切な施設・設備・什器を災害から守る!

企業財産総合特約付普通火災保険

「Property Pro Smart」
引受保険会社:Chubb損害保険株式会社
URL:https://www2.chubb.com/jp-jp/

大切な不動産物件に対する地震対策
実は、漏れていませんか?

あなたの大切な不動産物件ですが、災害対策はできている!と思っている方でも、契約している火災保険に地震による損害が補償されていないことが多いです。

企業財産総合特約付普通火災保険

地震大国日本、我々は日々、地震という自然災害のリスクに晒されています。その中、不動産・賃貸オーナー様におかれましては、大切な収益物件を守るため、火災保険等を用いて、様々なリスクをヘッジする手段を取られていることと思います。
しかしながら、火災保険の中にも物件の種類によって地震の補償をつけることができる物件とできない物件があります。今、このサイトをお読みのあなた様には、是非、確認して頂きたいと思います。
では、どうしたら、大切な物件を地震から守ることができるのか?
詳しくは、下記ご覧ください。

Property Pro Smartでは、お客様の大切な財産をお守りするプランを
ご用意しております。

建物や設備・什器備品などの所有財産に大きな損害をもたらす火災や落雷による電話やテレビなどの電気系設備への損害、暴風雨や洪水による水災などの損害を補償します。

火災、落雷、爆発・破裂、風災、雹災、雪災からの被害を補償

火災保険だけでは、地震による火災や津波による損害は補償されません(地震火災費用保険金を除く)。
そこで…

地震危険補償特約(縮小支払方式)をセット

火災保険は、地震や噴火といった自然災害に起因する火災や埋没、津波や洪水による被害は補償されません。
そこで、「企業財産総合特約付普通火災保険:Property Pro Smart」に「地震危険補償特約(縮小支払方式)」をセットすることをおすすめします。

地震特約のセットはとても重要
地震特約をセットすると、地震、噴火による火災のほか水災害にも対応できるようになります

企業財産総合特約付普通火災保険「Property Pro Smart」に、地震危険補償特約(縮小支払方式)を加えることで、地震や噴火による「火災」「破裂・爆発」によって生じた被害はもちろん、損壊、埋没、流失のほか、地震による津波や洪水、その他の水災で生じた、施設や設備、什器への被害が補償されるため、安心して事業運営に専念することができます。

このホームページの情報は、当該商品パンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け、当該商品のパンフレットと合わせてご覧ください。
またご契約に際しては、事前に重要事項等説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧下さい。
企業財産総合特約付普通火災保険
メールでのお問い合わせ、ご相談はこちらから

不動産経営の
リスクマネジメントとサポート

私たちグリットは、高齢者や障害のある方が、地域で安心して生活ができる社会をつくるために、保険を基軸に、新たな仕組みを創る専門家集団です。
これまで、幅広い世代に物件をご提供してきた不動産オーナーでも、今後は、望む望まないのを問わず、独り身の高齢者との契約や、物件貸し出しの相談を受けることは増えてくるでしょう。
また、今は、50代、60代で元気に一人暮らしされている借主様も、いつ、認知症や障害を発症しないとは限りません。
グリットは、高齢者や障害のある方を取り巻く業界の中で、様々な事業者様をサポートしております。
とくに、成年後見制度の普及活動を行っている一般社団法人 全国地域生活支援機構(JLSA)とは密接な連携を深め、後見人の育成から後見人の紹介に関する相談業務を充実させ、賃貸経営におけるリスクマネジメントと経営支援を行なっています。
借主様が高齢者である場合、今後、皆さんは後見人の方との関わりが多くなり、しかも深く関わることになっていくはずです。
我々グリットでは、左記の取り組み1およびご利用した頂いた方向けに、後見人制度に精通したメンバーが、あなたの不動経営をサポートします。
大切な不動産物件をお守りすると同時に、収益性向上に向けた取り組みを支援致します。